プロフィール

tetyoukai

Author:tetyoukai
時間の使い方は、生命の使い方
手帳マスター 佐賀 千晴

1971年旭川市生まれ。
95年ごろ、看護師として働きながら、友人との約束やサークルなどの予定を書き込むために手帳を使い始める。
結婚後、生活が変わったことから、あらためて手帳術に関心を持ち、書籍を読み漁り、ビジネス系、下川式成功手帳、あな吉手帳などさまざまなタイプで研究を重ねるが、どれも挫折。
あらためて一つ一つのスキルを検証し、自分に合った部分を選り抜き、オリジナルの手帳術を編み出す。
2010年、友人からのリクエストを機に、自らの十数年の経験とスキルを紹介する「手帳会」を札幌市内外で開くようになり、受講者は述べ200人以上、テレビ・新聞取材も受ける。
14年からは、自分の本質とつながり、本気でやりたいことをやるための時間の使い方を、講座やグループコンサルティングを通して伝えている。
夫と小4の娘と3人暮らし、札幌市在住。

【メディア実績】
 
2013年11月 NHK ネットワークニュース北海道内 放映

2013年12月 北海道テレビ イチオシ!内 放映

2014年12月 北海道新聞・生活面 掲載

最新コメント
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【がくせい手帳会】第一期、〆に入っております(^_^)ゞ

ご訪問ありがとうございます
「時間の使い方は、生命の使い方」札幌の手帳マスター千晴です

昨日から
半年間の【がくせい手帳会】の締めを
学生さん、お母さまと共にさせていただいています。

がくせい手帳会〆


ほんとに私自身も楽しい時間でしたのです(*^^*)

学生さんも、

ほかの子の手帳を見て、
自分もちゃんと書こうと思った。
好きな手帳にできたので
「使いたい」と思えて、
あっという間で、有意義な半年でした。
毎日続けられる自分になって、
自分でも成長を感じました。

とおっしゃってくださいました。

ほんとはもうちょっと自分で使えるようになってもらいたかったスキルがあったのですが、
落とし込むには、もうちょっとかかることがわかりました。

でも、
それを優先してしまうと、宿題や義務になってしまう。

まず手帳を使う良さ・楽しさを
実感してもらいたい。

そして、

私はどうしたい?
で、どうする?

・自分で考えること
・決めること
・実践すること
を大切な時期だから身につけてほしい。


実は・・・
「手帳会」と言いながら、
途中から学習支援も入ってます(^^;)

この歳で、高校・大学受験のときの経験が生きるとは(笑)
塾に行かず(高校時代は学校にも行かず・・・というか、メンタル的に行けず)、自力で、かなり戦略的にやってました(^^ゞ

学習と時間の使い方は密接だし、
かといって、
時間をかけたからって、
必ずしも結果に結びつくとは限らないし。

「合格」できたらできたで嬉しいけど、
そうならなくても、
長い人生、結果的にオールオッケーだと思うし。

大事なのは、
自分が納得できるまでやれたかどうか
なのかなあって。

学生さんでも、
自分のことをよくわかってるのは、
その学生さんだし、
どう学習したり、助けてもらったらいいか、も出てくる。

質問したり、
考え方、方法をちょっと伝えるだけで。

学校や塾でも
取り入れてくれると
学生さんたちもっと楽しく学習できるのになあ~って。

もちろん、第一期ですから
うまく進んだこともあれば、
もっとこういうふうに工夫ができた
もっとこうしていれば・・・と悔やまれることもあります。

がくせい手帳会〆2



それらをこれからの【がくせい手帳会】に生かして、
9月スタートで第二期を開催したいと思います。

また後日、お知らせいたしますね

お問い合わせはお気軽にどうぞ


最後までお付き合い、ありがとうございました

本当にやりたいことがやれるようになる手帳術【手帳会】
~第1部 時間の主人となり、自分とつながる編~
~第2部 時間と心のゆとりを手に入れ、豊かに生きる一歩編~

【手帳グループコンサル】
第2期、9月開催を予定しております

メニューは こちら


◆お申し込み・お問い合わせ
  
  greenherbs2010@@gmail.com までメールでお願いいたします
(@を1つ抜いて送信くださいね)


スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。